彩甲斐街道~雁坂みち(国道140号線)をドライブしました。

2017.10.09.16:39

2017年10月9日 体育の日
彩甲斐街道~雁坂みち(国道140号線)を秩父から塩山までドライブしました。
途中、三峯神社と恵林寺を参拝しました。

国道140号線から埼玉県道278号秩父多摩国立公園三峰線を10kmほど走ると三峯神社の駐車場に着きます。
IMG_2432 (640x427)
三柱鳥居
IMG_2436 (640x427)
髄身門。昔の仁王門。
IMG_2440 (640x427)
青銅鳥居
IMG_2451 (640x427)
水舎
IMG_2453 (640x427)
三峯神社拝殿
IMG_2444 (640x427)
2012年の辰年に突如として姿を現した赤い目の龍神様。
IMG_2454 (640x427)
樹齢800年の重忠杉。
IMG_2455 (640x427)
三峯神社の創始者。日本武尊の銅像。
IMG_2457 (640x427)
奥宮遥拝殿からの眺め。奥秩父の山々を一望できます。
IMG_2460 (640x427)
参拝後は名物の中津川のいもでんがくをいただきました。

再び、彩甲斐街道(国道140号線)を走り、雁坂トンネルを抜けると山梨県です。

IMG_2484 (640x427)
恵林寺の黒門。
IMG_2485 (640x427)
参道を進むと、1606年、徳川家康によって再建された国重要文化財の四脚門(赤門)があります。
IMG_2467 (640x427)
県文化財の三門。
IMG_2468 (640x427)
開山堂。
IMG_2478 (640x427)
武田信玄の菩提寺として有名な恵林寺。
IMG_2475 (640x427)
国指定名勝・夢窓国師築恵林寺庭園
IMG_2472 (640x427)
信玄公墓所。
IMG_2464 (640x427)
参拝後、昼食は一休庵で精進料理をいただきました。



道の駅大滝温泉で車中泊しました。

2017.10.08.23:45

2017年10月8日(日)
秩父市大滝にある道の駅大滝温泉で車中泊しました。
道の駅には、日帰り温泉「遊湯会館」が併設されています。
IMG_2410 (640x427)
秩父市内から彩甲斐街道(国道140号線)を山梨県方面に30分ほど走ると道の駅大滝温泉に着きます。
IMG_2412 (640x427)
駐車場の全景です。
IMG_2413 (640x427)
男性用小便器
IMG_2414 (640x427)
男性用大便器、ウォシュレット付です。
IMG_2415 (640x427)
道の駅大滝温泉の脇には荒川が流れています。
IMG_2417 (640x427)
まずは、大滝温泉遊湯館で汗を流しました。
IMG_2419 (640x427)
檜風呂です。地下には露天の岩風呂があります。泉質は、ナトリウム・塩化物温泉です。
IMG_2420 (640x427)
温泉のあとは乾杯
IMG_2421 (640x427)
枝豆
IMG_2422 (640x427)
唐揚げ
IMG_2423 (640x427)
山菜蕎麦
IMG_2424 (640x427)
豚味噌丼?
IMG_2427 (640x427)
マットレスは、モンベル社のU.L.コンフォートシステムパッド150キャンプです。厚みは3.8cmあります。
IMG_2429 (640x427)
二次会は、秩父B級グルメのみそポテトチップをつまみに武甲正宗のワンカップで乾杯。
IMG_2430 (640x427)
朝食は、くるみとレーズン入りのカンパーニュをいただきました。
IMG_2418 (640x427)
今日は、日本武尊が創建したとされる三峯神社を参拝します。

彩甲斐街道(国道140号線)をドライブしました

2017.10.08.22:31

2017年10月8日(日)
彩甲斐街道(国道140号線)を長瀞から秩父までドライブしました。
途中、長瀞ラインくだりに興じ、秩父神社を参拝しました。
IMG_2350 (640x427)
荒川の親鼻橋から乗船し、岩畳までの3kmを下ります。
IMG_2356 (640x427)
ラフティング
IMG_2360 (640x427)
秩父鉄道の荒川橋梁
IMG_2362 (640x427)
せいごの瀬
IMG_2369 (640x427)
小滝の瀬
IMG_2373 (640x427)
小滝の瀬
IMG_2374 (640x428)
岩畳
IMG_2383 (640x427)
秩父鉄道長瀞
IMG_2390 (640x427)
元祖打ち込みそば「とらや」
IMG_2388 (640x427)
そばは、石臼で自家製粉した粗挽きの地粉を使用しています。
IMG_2391 (640x427)
秩父神社一の鳥居
IMG_2395 (640x427)
秩父神社を参拝しました。
社殿は文禄1年(1592年)に徳川家康が奉納したものだそうです。
IMG_2397 (640x427)
名工・左甚五郎作「子育ての虎」
IMG_2398 (640x427)
西側には「お元気三猿」
IMG_2399 (640x427)
北側には「北辰の梟」
IMG_2400 (640x427)
東側には「つなぎの龍」の彫刻があります。
IMG_2406 (427x640)
秩父まつり会館の「屋台」
IMG_2407 (427x640)
「笠鉾」 何れも国指定重要有形民俗文化財に指定されています。
IMG_2408 (640x427)
武甲酒造・柳田総本店
店舗は国の登録有形文化財に指定されています。

tag : 長瀞 ラインくだり 秩父神社 左甚五郎

宝登山(標高497.1m)に登りました

2017.10.08.19:47

2017年10月8日(日)
埼玉県長瀞町にある宝登山(標高497.1m)に登りました。
IMG_2348 (640x427)
長瀞駅前交差点の大鳥居を進むと宝登山神社の駐車場があります。
IMG_2313 (640x427)
駐車場に車を止め、まずは、宝登山神社を参拝しました。
日本武尊宝登山の山頂を目指していた際に、神犬が山火事から救ったという伝説があり、神の使いと信じた日本武尊が「火止山(ほどやま)と名付け、神を祭ったことが由来とのことです。
IMG_2317 (640x427)
二の鳥居まで戻り、坂道を上ると宝登山ロープウェイ宝登山山麓駅(標高212.7m)に着きます。
IMG_2318 (640x427)
ロープウェイに乗り5分ほどで山頂駅に着きます。
ロープウェイは、2台のゴンドラがつるべ式に往復する四線交走式システムが用いられています。
IMG_2325 (640x427)
長瀞の町並みが見えます。
IMG_2328 (640x427)
山頂駅から5分ほど登ると宝登山神社奥宮に着きます。
IMG_2331 (640x427)
奥宮で参拝。
IMG_2336 (640x427)
さらに登ると宝登山(標高497.1m)に着きました。
IMG_2337 (640x427)
山頂には三等三角点があります。
IMG_2340 (640x427)
眼下には、日本武尊も眺めたであろう悠久の天地が広がっています。






more...

tag : 宝登山神社 宝登山 日本武尊 長瀞

道の駅「みなの」で車中泊しました。 

2017.10.08.09:52

2017年10月7日(土)のち
雨が上がったので、急遽、秩父方面にでかけることにしました。
IMG_2279 (640x427)
今夜の宿泊は、秩父・長瀞の玄関口に位置する道の駅みなの」です。
到着が遅かったことから、レストランなどの施設は閉まっています。
IMG_2280 (640x427)
道の駅みなの」の全景です。
IMG_2273 (640x427)
まずは、車で10分ほどのところにある秩父温泉「満願の湯」で、運転の疲れを癒しました。
泉質はph9.3のアルカリ性で、美肌、疲労回復、神経痛など幅広い効能があるそうです。
IMG_2276 (640x427)
温泉のあとは、豚味噌漬け焼き定食をいただきました。
元々は秩父地方の猟師がいのししの肉を保存するため、味噌に漬けたのが秩父名物味噌漬けの始まりだそうです。
IMG_2295 (640x427)
正面がトイレです。キャンピングカーもとまっています。
IMG_2281 (640x427)
男性用小便器です。
IMG_2282 (640x427)
大便器はウォシュレト付きです。
IMG_2297 (640x427)
雲の切れ間から月が出ています。
IMG_2285 (640x427)
スモークチーズをつまみに、ビールで乾杯。
車で5分ほどのところにローソン秩父皆野北店があります。

2017年10月8日(日)
IMG_2298 (640x427)
快晴の朝を迎えました。今日は、夏日になるそうです。
IMG_2299 (640x427)
朝もやがかかっています。
IMG_2301 (640x427)
道の駅みなのは午前8時30分からの営業です。
IMG_2302 (640x427)
昨晩のうちに購入しておいたサンドイッチとサラダで朝食です。
IMG_2304 (640x427)
今日は、長瀞と秩父を観光します。

tag : 道の駅 みなの 満願の湯 車中泊

アクセスカウンター
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
お勧め(購読雑誌)




リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

森の番人

Author:森の番人
ふくろうの森へようこそ!